有機食品の専門店【ビオカ(BIOCA)】〜おいしくてリーズナブルなオーガニック食品を取り揃えております!
RSS

認証団体について


公正さと信頼性の高い第三者認証制度


有機・オーガニック食品は、単に生産者が自己申告するものではなく、第三者機関である認証団体に検査・認証されなければなりません。信頼性と公正さの高い認証制度と認証団体について、基本的な情報をまとめました。

ドットライン
クローバー認証団体について

認証団体は、国の法律があるところでは、政府機関に登録された認証団体が、アメリカのように国の法律がまだ施行されていない国では、民間の認証団体が認証を行います。認証を受けるには、

  1. 農地の計画づくり
  2. 3年間農地で農薬や化学肥料を使用しないこと
  3. 収穫後もポストハーベスト農薬など使用しないこと
  4. 化学合成殺虫剤や殺鼠材などを使用しないこと
  5. 加工品では加工助剤・添加物の使用制限
  6. 記録の保持
など基準に定められた管理がなされているか認証団体が検査し、基準を満たしたものだけを「オーガニック」として認証します。

国の定める法律のあるヨーロッパや日本では、認証業務は国の機関の他に民間にも開放されており、民間の活力がいかされています。 ジェーシープランニングの製品は、世界各国のオーガニック認証団体によって認証され、同時に有機JAS規格に適合しているものになります。
ドットライン
クローバー世界のオーガニック食品に関わる法整備について

アメリカでは、1940年代から民間団体の主導で、各地のそれぞれの団体がオーガニック基準を定めて第三者の認証システムを運営してきました。アメリカ国内には、認証団体は200以上あり、EUやCODEXの基準とほぼ同等の基準を定めて、国内外に幅広い活動を展開してきました。2000年12月に、ナショナルオーガニックプログラムという法律が制定され、この法律に適合した製品には、2002年ころからは、アメリカ全国統一のオーガニック認証マークが製品につけられることになります。

ヨーロッパでは、1989年にEC委員会(今のEU)、IFOAM(権威ある民間のオーガニック研究機関)、民間認証団体が調整して欧州基準を制定し、 1991年に施行されました。実際の認証業務は政府に登録された民間認証団体が行っています。ヨーロッパ連合とオーストラリアの定める基準は、日本のJAS規格と同等性が認められており、認定輸入業者により有機JASマークを貼り付けて販売することができます。

What's organic? (オーガニックについて)


健康、それは毎日の食事から ―


ビオカはココロとカラダの健康を保つ、
安心・安全な商品を取り揃えています。

ドットライン
クローバーオーガニックとは

「オーガニック(organic:日本語訳で“有機”)」には「根本的な」「自然に即した」という意味があります。
本来、農業は化学合成農薬や化学肥料に頼らないで、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして行われていました。その農法を現在では「有機農業」と呼びますが、まさに
自然の循環機能を維持増進し、化学物質による自然環境への負荷が軽減された「自然に即した」かたちでもの作りをする、ということを意味します。
そして、「有機」「オーガニック」と表示のある商品は、「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」の適用を受けている「有機JAS認定品」にあたります。
そのため、法律に定められた安全基準をクリアして生産されている「安心度、信頼性」の極めて高い商品であると言えるのです。
ドットライン
クローバーなぜ今、オーガニックなのでしょう?

私たちの身の回りにある化学物質が、自然環境や私たち自身に影響を与え続けていることがわかってきました。環境ホルモン、アトピー、アレルギーなど、解決できない問題が増えています。そのような中、多くの人たちが 化学物質に頼らないオーガニック食品を求めるようになってきています。

  • もっとおいしく、風味豊かな食べ物を楽しくいただくこと。
  • オーガニックな食材を使い、栄養のバランスのとれた食事、食生活をすること。
  • 自然のサイクルの中で生産されるものが、健全な土地や自然環境を守っていくこと。
これらは、私たちの生活にとても大切なことなのです。

もっとオーガニックな生活を…。
これは、今の私たちだけでなく、私たちの子供たちやその子供たちのために、とても必要なことなのです。
 
ドットライン
クローバーオーガニック食品はどのように認証されるのでしょう?

オーガニック食品は、国や民間の定めるオーガニック基準に従い、生産・製造されているかどうか、第三者の立場である認証団体によって公正に検査・認証されなければなりません。認証は、製造工程、品質管理状況が基準に適合しているかどうか、書類と実地検査の結果によって判断されます。
ビオカの有機・オーガニック食品は、海外で認証団体の認証を受けた製品を輸入し、かつ有機JASの認証も受けています。(除適用除外製品)
ドットライン
クローバー日本では、オーガニックの認定に際して、どのような法律があるのでしょう?

世界的に拡大するオーガニック食品への需要は、同様に日本国内でも高まってきています。
農林水産省は、曖昧といわれていた有機栽培農産物に関するガイドラ インを改め、CODEX(コーデックス:国際的に通用する食品規格)という国際的な基準に準拠した新しい有機農産物に関するJAS(日本農林規格)法をスタートしました(平成12年6月10日通称有機JAS法)。 これは、新しいJAS規格としてオーガニック食品(農産物のみ)に適用され、平成13年4月1日からは、有機○○、あるいはオーガニック○○と称する製品 には、有機JASマークの表示が義務付けられました。JAS規格に適合して生産されるかどうかは、農林水産省に登録された登録認定機関によって検査・認定されます。

人と地球への安全性に配慮したオーガニック基準(有機JAS法)
有機JASマーク
3年以上農薬や化学肥料を使用しない土地で栽培  化学合成農薬や化学肥料は原則使用しない
遺伝子組み換え原材料は使用しない  放射線転射はしない  合成添加物の使用に制限

※もっと詳しい情報については、FAQをご覧下さい。



ページトップへ